guard文とは

Swiftにおけるguard文とは 条件不成立時に、確実にスコープ外へ抜けるための条件分岐文 guard文を含むスコープから抜ける処理が含まれない場合はコンパイルエラーになる if文でも同じことはできるが、guard文での条件不成立時に確実にreturnすることで、else節以降は条件が成立する事が保証される 例: 参考: [増補改訂第3版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

ボクシングとは

プリミティブ型からラッパーオブジェクトへの変換を暗黙的に行う仕組み ここでいう暗黙的とは、コンストラクタやメソッド等を使わずに、直接代入(=)で行われるという事 例 (Kotlin): 非Nullable型からNullable型への変換する例。 参考: 速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ 【Javaラッパークラス】オートボクシングとアンボクシングとは?

Elementとは

Widgetによって自動的に生成され、Widgetの状態管理(Widgetは状態を持たないため)と、描画を担当するRenderObjectの仲介をする Flutterは実行時にWidgetツリーを構築し、その際にElementとRenderObjectも同様なツリーを構築する。Widgetツリーから状態管理と描画を分離することで、パフォーマンスの最適化を図っている。 また、ツリー状を構成するのは、画面の一部に状態変化があった際に、画面全体を更新する事無く末端のサブツリーのみを更新する事で効率化できるため 参考: FlutterにおけるWidgetとElementとRenderObjectの基本 Flutterの3つのツリー(Widgetツリー/Elementツリー/RenderObjectツリー)をできるだけわかりやすくまとめてみた 【Flutter】Navigator.of(context) から理解する 3つのツリー Flutter の Widget ツリーの裏側で起こっていること

HAXM (Hardware Accelerated Execution Manager、ハクサム)とは

Intel社が提供するエミュレータ高速化エンジン 高速化を支援するハイパーバイザーの一種 Androidエミュレータは非常に重いので、Androidエミュレータ向けに広く使われている 参考: Intel Hardware Accelerated Execution Manager (HAXM)

スプレッド演算子とは

配列名の前に付与する「*」マーク 可変長引数に配列を渡す際に利用する Kotlinの場合、可変長引数に直接配列を渡すことはできないため、スプレッド演算子で展開する必要がある 例 (Kotlin) : 参考: 速習 Kotlin: Javaより簡単!新Android開発言語を今すぐマスター 速習シリーズ

遅延初期化 (lazy initialization)とは

オブジェクトの初期化を、実際に使用されるまで遅らせる仕組み 初期化の負荷が大きかったり、使用するか分からないオブジェクトの初期化を、必要になるまで遅らせる(必要でない場合は初期化しない)事により、パフォーマンス改善やメモリ使用量の削減が期待できる 参考: 限定的な初期化