可変長引数とは

  • 関数宣言にて引数の個数を指定せず、呼び出す側が任意の数の引数を渡すことができる
  • 配列を引数にとることで同じ事ができるが、一度配列に格納する手間を省くことができる

例 (Kotlin):

fun sum(vararg values: Int): Int{...}
println(sum(1,2,3,4)) // Output: 10

参考:

可変長引数

Java Variable Length Parameter vs. Array, Simply Syntactic Sugar?

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *